敦子がニホンジカ

乾燥肌の方で皮膚メンテナンスで忘れてはならないことは十分な保湿です。それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも忘れてはいけません。高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってお肌の乾燥の元になります。顔を洗うときのお湯の温度は熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。
保湿に加えて、洗顔についても今一度見直してみてください。

洗顔の後のメイク水や乳液には、つける順番があります。

きちんと順番通りに使わないと、なんと皮膚メンテナンスの効果はほとんど得られません。
顔を洗ったら、まずはメイク水をつけます。

肌を潤しましょう。

もし、美容液を使うときは一般的にはメイク水より後になります。その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。

詳細はこちらのページ

水分を肌に染みこませてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。お肌メンテナンスは自分の肌を確認してその状態により使い分けることが必要です。

ずっと同じやり方で、お肌をお手入れすればいいわけではありません。

今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたり生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというようにお肌にとって大切なことなのです。春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから外の変化にも合わせ、メンテナンスを変えていくことも大切なポイントなのです。
アンチエイジング成分配合のメイク品をお肌のお手入れに使えば、老けて見られる原因であるシワやシミ・たるみといったことの進行を遅くすることができます。
かといって、アンチエイジングメイク品を使っていたとしても、生活習慣が良くなければ、肌の老化のほうが優ってしまい効果は感じにくいでしょう。

体の内部からの皮膚メンテナンスということもポイントです。最近、ベリー油脂を皮膚メンテナンスに使う方が女の方が劇的に増えています。メイク水を付ける前や後のお肌に塗る、皮膚メンテナンスメイク品に混ぜて使うなど、使い方は様々。もしくは、メイク落としの代わりに使ったりフェイスマッサージ油脂としても使えちゃいます。

もちろん、日々の食事にとりいれるのもお肌にいい影響を与えます。

ですが、質に関しては良いものをしっかりこだわりたいですね。

敦子がニホンジカ